第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
第6話 第7話 第8話 第9話 特別篇

特別話

かけはしはこんなお米です

 平成6年、「かけはし」は岩手県オリジナル水稲品種として市場デビューしました。「かけはし」は耐冷性が強く、県北部を中心に栽培されています。

 かけはしにはこんな誕生秘話があります。デビュー前年の平成5年は大冷害であったため、翌年に作付するための充分な種もみを確保できませんでした。そこで岩手県農政部は、わずかに残った種もみを沖縄県の石垣島に送り、冬の間に稲を育てて種もみを増殖し、そのまま種まきに間に合わせようという前代未聞の大計画を打ち立てました。この計画は、沖縄県、石垣島の農家の協力のおかげで見事成功し、平成6年の田植えに間に合いました。以来、岩手県と沖縄県との交流が行われています。  ここでは、岩手県と沖縄県の交流のきっかけとなった「かけはし」の誕生秘話を紹介します。

南の島での緊急増殖大計画
 平成5年2月、岩手県が開発したオリジナル水稲品種「岩手34号(後のかけはし)」は岩手県の奨励品種に指定されました。そこでこの年に種を増殖して、平成6年から大々的に作付しようとしていました。しかしこの年、岩手県の作況指数は30という大冷害に見舞われたのです。

 冷害が確定的となる中で、翌年用の種子確保の問題が浮上してきました。他の品種に比べて、寒さには抜群の強さを実証した「岩手34号」の作付希望者が急増していましたが、希望者全員に供給することが難しい状況でした。

失敗の許されない米づくり
2 失敗の許されない米づくり

 平成5年12月7日、「岩手34号(後のかけはし)」の種もみ約2トンが石垣島に運び込まれました。冷害の打撃を受けて、かろうじて確保した貴重な種もみです。これを石垣島で生産し半年足らずで72トンに殖やして再び岩手に空輸しなければなりません。

 石垣島の水田面積は250haで、その中の50haの水田が岩手の種もみ生産のために用意されました。しかも、用水路の完備した超一級のほ場です。

 石垣島は二期作地帯で、一期作の田植えは普通3月の上旬に行われます。今回の田植えは、岩手県の田植えに間に合わせるために、1月上旬、通常よりも2ヶ月も早く行います。石垣島の栽培農家にとって、勝手の分からない初めての品種です。

 また、指導に当たる岩手県からの派遣職員にとっても初めての土地、気候。

 期待と不安の中、いよいよ、石垣島での米づくりが始まりました。


 播種、育苗と順調に進んで正月を迎え、平成6年1月16日までに50haのほ場で田植えが完了しました。

 南国で温暖である石垣島といえども、気象条件は決して良くありませんでした。

 1月下旬から2月の間に晴れた日はわずかに2日。3月下旬になっても温度もそれほど上昇せず、なかなか出穂しません。
 しかし、3月31日以降、高温、多照の天候になり、各ほ場とも出穂が始まりました。

 5月7日、遂に収穫が行われました。鎌入れ祈願祭が行われた後、一斉に刈り取りに入りました。その結果、収穫予想を上回る116トンの種もみが収穫されました。
石垣島産「かけはし」大豊作
 平成6年5月12日、石垣島で増殖された「岩手34号(後のかけはし)」の種もみの第一便が岩手に到着しました。

 石垣島産「岩手34号」の種もみはすぐに育苗に移され、5月26日には初田植えが岩手県玉山村で行われました。また、北上市では沖縄県の生協組合員との田植え交流も行われました。その年の秋、石垣島産の種もみは大豊作をもたらしました。

 一方、平成6年9月19日、「岩手34号」の名称が発表になりました。

 この名称募集は平成5年10月から約1年間行われ、「岩手34号」の名称募集のチラシとポスターが北は北海道から南は沖縄県までかけめぐりました。名称の応募ハガキは16万3000通、応募名称は29万点を超えたのです。

 そして、「岩手34号」の名称は『かけはし』と発表されました。岩手と沖縄の交流のきっかけになった「岩手34号」にはぴったりの名前です・・・。


HOME > 夢のかけはし物語